【50坪フル活用】きっとみつかる!条件別13種類の土地活用方法

このページをシェアする

「50坪の土地では、土地活用方法が限られてしまう」と考えるオーナー様もおられるかもしれません。しかし、実は、50坪あれば、たいていの土地活用方法は実現可能です。
「自分で使っていない(今後も使う予定のない)」「現在うまく活用できていない」50坪の土地をお持ちなら、資産運用の一つとして土地活用を検討してみましょう。

ただし、たいていの土地活用が可能とはいっても、50坪ならではの注意点もあります。それぞれの土地活用の長所と短所、どんな土地に向いているのか、その活用方法がお持ちの土地の条件に合っているかを知ることが大切です。

この記事では50坪の土地におすすめの活用方法13種類を紹介します。ぜひ最後まで読んでいただき、あなたの土地に最適な土地活用方法を見つけてくださいね。

「土地活用をしたい気持ちは固まっているけれど、難しい話をたくさん読むのは苦手」という方は、この記事をざっくりと大枠で押さえた上で、「HOME4U(ホームフォーユー)土地活用」を使って複数の企業から活用プランの提案を受けてみることをおススメします。
NTTデータグループが運営する「HOME4U 土地活用」は、実績豊富な多数の大手企業と提携しています。優良な企業のさまざまな提案を受けられるので、初期費用だけでなく、ランニングコストや将来の収益性などをしっかり比較した上で活用プランを選択できるのが最大のメリットです。
土地活用のプロが作る渾身の活用プランを、ぜひ比較してみてください。

1.「50坪の土地が市街地にある」場合の4つの活用方法

50坪の土地が住宅地や商業地などの市街地にある場合におすすめの土地活用方法は、次の4つです。

  • アパート・マンション
  • 戸建賃貸
  • 賃貸併用住宅
  • 貸店舗

それぞれ具体的にご紹介します。

1-1. 高収益を狙える「アパート・マンション経営」

アパート・マンション経営最もよく知られている「土地活用」方法は、アパート経営・マンション経営ではないでしょうか。アパート経営やマンション経営は、長期的に安定した収入が得られるため多くの方に選ばれています。
50坪の土地であれば、法律上の制限をクリアして、小規模なアパート等が建てられる場合がほとんどです。

長所
  • 長期的に安定した家賃収入を得られる可能性が高い。
  • 固定資産税や相続税の節税対策になる。
短所
  • まとまった初期費用が必要となる。
  • 空室リスクと家賃下落リスクがあるので、入居者に選ばれる魅力的な物件にするのが必須。
おすすめの土地
  • 駅の近く、人気の住宅地、地価が高いエリアなど。

1-1-1. 50坪の土地にアパート等を建てる場合の3つのポイント

ポイント (1)賃料相場が高めのエリアにする

50坪の土地の場合は、建物が小さく、建築単価が割高になることが多いので、賃料相場が高めのエリアでないと高収益が見込めません。そのため、郊外よりも「駅の近くの土地」「人気の住宅地」「地価が高い都心」などに向いています。


ポイント(2)その物件ならではの付加価値をつける

50坪の土地の場合、広さに制限があるため、デザイン性を高める、充実した設備を備えるなど、他の部分で魅力的な賃貸物件となるよう工夫しましょう。

例えば、50坪の場合広いエントランスは設計しにくいので、オートロックを付けるのは難しいかもしれません。その代わりに、無料Wi-Fiを完備する、宅配ボックスを用意する、建物のデザインや色合いをターゲットの好みにあったものにするなど、その物件ならではの付加価値をつける方法があります。

また、建築エリアにもよりますが、アパートではなくマンションにするのも一案です。マンションの方が建築費は高めになりますが、建物の性能の高さで差別化できるので、高賃料・高稼働が見込めます。


ポイント (3)単身者向けの1Kか1Rの間取りにする

一般的に単身者向けの1K、または1Rの間取りにし、戸数を増やすと、坪あたりの賃料単価を上げやすくなります。

ただし、ファミリー向けの需要のほうが多いエリアに建築する場合は、需要に合わせることを優先しましょう。

1-1-2. 高い節税効果が魅力

土地活用の節税効果賃貸アパートやマンション経営は、収益性が高いだけではなく、大きな節税効果があるのも魅力です。

(1)固定資産税・都市計画税
毎年課税される固定資産税・都市計画税の節税効果があります。住宅の敷地は、建物が建っていない土地に比べて、固定資産税が6分の1、都市計画税が3分の1になるためです。

(2)相続税
税率が比較的高い相続税の節税効果もあります。賃貸住宅の敷地の相続税評価額は、約20%減額されます。要件を満たせば、敷地のうち200平米まで50%減額される制度もあります

アパート経営で相続税対策を成功させる3つの心得と始め方

(3)融資により借入金額が相続税評価額から差し引かれる

アパートの建築費用を金融機関から借り入れている場合には、借入金額が相続税評価額から差し引かれるので、非常に大きい節税効果があります。

「アパート経営」については、以下の記事でも紹介していますので、あわせてご覧ください。

しっかりやればきっちり儲かる!アパート経営の基礎知識

1-2. 競合が少ない「戸建賃貸経営」

戸建賃貸経営近年注目を集めている土地活用が、賃貸用の戸建住宅を建てる方法です。まだまだ数が少なく、希少価値があるので、高稼働が期待できます。また、アパートやマンションに比べて建築費が抑えられるのもメリットです。

戸建賃貸は子供の声・足音を気にせずに暮らすことができるという点で、特にファミリー層に人気があります。庭でバーベキューやガーデニングなどアパート・マンションでは難しいことも楽しめて、持ち家感覚で暮らすことができるので、潜在的な需要が多いと言われています。

アパートやマンションが供給過剰になっているエリアでは、特に優先的に検討してみましょう。また、駅から遠くてアパートやマンション経営に向いていない土地でも、学校や公園・スーパーが近いなど子育て環境が良好なエリアでは、むしろ戸建賃貸経営が向いています。

50坪の土地であれば戸建賃貸の建築は充分に可能です。立地や土地の形状によっては、50坪に2棟建てられる可能性もあります。

長所
  • 競合が少ないエリアに建てれば、高稼働・高い賃料水準が期待できる。
  • 敷地の形状に合わせて設計できる。
  • 手放したくなった際は、不動産投資家向けではなく、一般消費者向けに中古一戸建てとして売ることもできるので売却しやすい。2棟建てた場合は、敷地を分割して1棟だけ売ることもできる。
  • 固定資産税及び相続税の節税対策になる。
短所
  • 場所によっては、アパートやマンションの方が高収益を得られる。
おすすめの土地
  • 学校やスーパーなどが近い利便性の高いエリア。
  • 多少駅から遠くても、人気のある住宅地など。

1-3. 自宅が家賃収入を生む「賃貸併用住宅」

ローン賃貸併用住宅は、自宅部分のほかに賃貸部分を併設した建物です。家賃収入をローンの返済に充てられるので、おトクにマイホームを持つことができます。計画によっては、家賃収入だけでローンを返済するという夢のようなことも可能です。

賃貸併用住宅は、将来、二世帯住宅として使うことも可能です。ライフスタイルの変化に合わせて、住宅の使い方を柔軟に変化させられるのはとても魅力的ですね。

賃貸併用住宅のメリットを生かすためには、安定した賃料収入が重要です。アパートやマンション経営と同様に、周辺エリアの賃貸ニーズに合わせて計画しましょう。また、オーナーと入居者の動線を分けるなど、互いに快適に暮らすための間取りの工夫も必要です。

長所
  • 住宅ローンの負担を軽くしながらマイホームを持てる。
  • ライフスタイルの変化に合わせて柔軟に利用できる。
短所
  • 入居者と快適に共生できるような間取りを工夫する必要がある。
おすすめの土地
  • 駅の近く、人気の住宅地、地価が高いエリアなど。
賃貸付き住宅を成功させるコツとは?資金計画から出口戦略まで徹底解説
大注目の賃貸併用住宅!成功者が実践する必勝ノウハウ

1-4. 商業地のメリットを生かせる「貸店舗」

貸店舗商業地に50坪の土地がある場合は、店舗を建築して貸店舗にする土地活用がおすすめです。駅の近くなどの人通りの多い場所、店舗需要の多い場所ならぜひ検討しましょう。

飲食店や物販業など、小さな店舗で営業できる業種は色々あります。ただし、店舗を建てても、借り手が見つからないと困りますので、事前に十分な賃貸市場調査が必要です。

長所
  • 住宅よりも店舗のほうが高い賃料が設定できる。
  • 自分で店舗を営業するのではなく、事業者に場所を貸して営業してもらうことで、地価の高い商業地を簡単に有効活用できる。
  • 繁華性が高すぎて住宅に向いていない場所を有効活用することができる。
短所
  • 場所を選ばないと、借り手がすぐに見つからない可能性もある。
おすすめの土地
  • 駅の近く、繁華街や商業エリア、幹線道路沿いなど。

2.「初期投資を抑えたい(市街地にある場合)」場合の6つの活用方法

市街地に50坪の土地は持っているけれど、「あまり高額の初期投資はしたくない」という方には、初期投資が少額で済む、ほとんど初期費用をかけずに始められる土地活用もあります。ある程度の初期投資をして始める土地活用よりも収益性は目減りしますが、低コストで気軽に土地活用を始められ、リスクも抑えられます。

初期投資を押さえたい場合におすすめの土地活用は、次の6つです。

  • 駐車場
  • トランクルーム
  • バイク置場、駐輪場
  • 自動販売機、コインロッカー
  • 貸看板
  • 貸地

それぞれ具体的にご紹介します。

2-1. 低コストで安定収入「駐車場」

駐車場経営駐車場経営は、初期費用が少なく、変わった形の土地でも有効活用できるため人気の土地活用です。1区画の大きさは、幅2.5メートル×長さ5メートルが目安です。土地に余裕がある場合は、使いやすい駐車場にするために、さらに50センチずつ広げると理想的です。

50坪の土地の場合、土地の形状にもよりますが、6~7台の区画が作れます。駐車場経営には「月極駐車場」と「コインパーキング(時間貸駐車場)」があるので、立地条件に応じて選択します。

2-1-1. 月極駐車場

アスファルト舗装しなければ、初期費用はほとんどかかりません。オーナー自らが自営することもできますが、不動産業者に管理委託をすると手間がかかりません。

長所
  • 初期投資がほとんどかからない。
  • 他の用途に簡単に転用できるので、短期間だけの土地活用にも向いている。
短所
  • アパート経営等に比べると収益性が低い。
  • 固定資産税、都市計画税などの税制優遇がない。
おすすめの土地
  • 駅の周辺、住宅地の中など。

2-1-2. コインパーキング

オーナーが自費で機械を設置して管理運営する「自己経営方式」と、専門業者に固定賃料で土地を貸して機械の設置から運営まで委託する「土地賃貸方式」があります。

長所
  • 短期間でも可能であるため、将来、売却や他の土地活用への転用もしやすい。
  • 専門業者に土地を貸す場合は、手間なく安定収益が得られる。
短所
  • 建物を建てる土地活用と比べると、収益性が控えめな場合が多い。
  • 固定資産税、都市計画税などの税制優遇がない。
おすすめの土地
  • 駅や病院の近く、繁華街、商業地、観光地の近くなど。
土地活用で駐車場を始めたい方必見!成功するために知っておきたい全知識

2-2. 新しい選択肢「トランクルーム」

トランクルームコンテナを利用したトランクルーム経営は、アパート経営等に比べると初期投資が小さく、管理の手間もかからない土地活用です。利用者の認知度も上がってきているので将来性もあり、最近人気の土地活用のひとつです。

トランクルーム業者に一括借上げしてもらう方式か、集客や管理のみをトランクルーム業者へ委託する方式が一般的です。

トランクルーム経営は、収納ニーズが多い立地でないと収益性が見込めません。また、コンテナは建築物とみなされるので、合法的に設置できるエリアかどうか確認する必要もあります。トランクルーム専門業者に依頼して、事前調査してもらいましょう。

長所
  • 少ない初期投資で始めることができ、収益も十分見込める。
  • 住環境が良くない場所でも活用することが可能。
  • 短期間でも可能であり、将来、売却もしくは他の土地活用への転用も簡単。
短所
  • ある程度の収納ニーズがないと収益性が期待できない。
おすすめの土地
  • アパート、マンションや狭小な戸建住宅が多いエリア、オフィス街の近くなど。
【トランクルーム経営の全知識】メリットとデメリット、失敗例を解説

2-3. 低コストで時代にマッチ「バイク置場、駐輪場」

バイク置場、駐輪場条件によって異なりますが、数十万程度の初期投資で始められる土地活用です。需要がある立地は、駅周辺だけに限りません。自転車でエコな通勤をする人が増え、オフィス街近くの需要も増えています。

また、マンションにはバイク置き場が確保されていないことも多く、バイク置場は全国的に不足していると言われています。

車が通りにくく、駐車場経営に向いていない場所にもおすすめです。防犯性が高く、雨風を防ぐことができるコンテナタイプにすると、バイク愛好家のニーズを取り込めます。

長所
  • 変形地でも可能。初期投資が少ない。
短所
  • それほど高い収益性は期待できない。
  • 盗難やいたずらなどの苦情のリスクがある。
おすすめの土地
  • 駅の近く、住宅地やオフィス街の近くなど。

2-4. 敷地を無駄なく使える「自動販売機、コインロッカー」

最も小さなスペースで手軽にできるのが、自動販売機の設置による土地活用です。運営会社に自動販売機の設置スペースを貸す方法が一般的です。

この場合、設置や管理の費用は運営会社が負担してくれます。オーナーが負担するのは月々2,000円~5,000円前後の電気代だけです。集金・補充・空き缶回収まですべて運営会社に任せることができ、売り上げの20%前後が振り込まれます。

自分で機械を購入して設置する場合には、飲料の仕入れや補充・メンテナンス等の手間がかかりますが、収益はすべてオーナーのものになります。手間はかかりますが、自分自身で経営にチャレンジしてみたい方、自宅から近いなど目が届きやすく管理が比較的容易にできる方には向いているかもしれません。

収益性は完全に売上次第なので、駅前や商業集積地等の人通りの多いエリアほど有利になってきます。需要がありそうなら、自動販売機とコインロッカーを組み合わせたり、駐車場や駐輪場などの他の活用方法と併用したりするなど、敷地を隅々まで活用しましょう。

長所
  • 変形地でも可能。初期投資、手間がかからない。
短所
  • 需要のない土地では利益が出ない。
おすすめの土地
  • 駅の近く、人通りや車通りが多い立地。

2-5. 低コストで省スペース「貸看板」

交通量や人通りが多い立地に向いているのが、広告看板(貸看板)による土地活用です。貸看板は人目に付くかどうかがすべてです。条件がうまく合えば、狭いスペースでも大きな収益を上げることが可能となります。

貸店舗経営や駐車場など、他の土地活用と組み合わせて、貸看板を設置するスペースがあるかどうか検討してみましょう。また、契約者が見つかれば、長期間利用してもらえることが多いのも魅力です。

長所
  • 手間や維持費用が掛からない。
短所
  • 借主がすぐに見つからない可能性がある。
おすすめの土地
  • 駅の周辺、繁華街、交通量の多い幹線道路沿い、交差点の近くなど。

2-6. 手間なく誰かに活用してもらう「貸地」

貸地(かしち)とは、土地オーナーが借主となる人に土地を貸して地代を得る方法です。借主が建物を建てるなどの方法で土地を活用します。住宅や、幹線道路沿いの店舗など、様々な用途が考えられます。土地オーナーは土地を貸すだけなので手間も初期費用もかからず、ローリスクローリターンです。

契約のポイントは「定期借地権」にすることです。「定期借地権」には契約の更新がありません。契約期間が終了したら、確実に土地が返還される仕組みであるため、安心して土地を貸すことができます。

住宅にする場合は「一般定期借地権」となり、期間は50年以上の契約になります。店舗など事業用にする場合は「事業用定期借地権」となり、10年以上50年未満での契約となります。

なお、「定期借地権」ではなく「普通借地権」にしてしまうと、正当事由がない限り契約が更新されてしまいます。借主が強く保護されるため、なかなか土地が返ってこないという悩みも多いので、こちらは避けた方が賢明です。

長所
  • 建物建設費用をオーナーが負担する必要がない。
  • 長期間安定した収入が得られる。
短所
  • 短期間の土地活用はできない。
  • オーナー自ら建物を建てて活用する時ほど高い収益性は期待できない。
おすすめの土地
  • 住宅地や幹線道路沿い、商業地、駅の近くなど

3.「50坪の土地が郊外にある」場合の3つの活用方法

50坪の土地が建物の少ない郊外にある場合も、様々な土地活用が可能です。建物を建てられない「市街化調整区域」などのエリアでも可能です。郊外でおすすめの土地活用は次の3つです。。
3つの代表例を紹介しましょう。

  • 太陽光発電
  • 貸農園
  • コイン精米機、自動販売機

それぞれ具体的に説明します。

3-1. 長期安定収入が狙える「太陽光発電」

「野立て」太陽光発電太陽光発電による土地活用は、土地や建物の屋根などに設置したソーラーパネルにより太陽光を電力に変換し、発電した電力を決められた価格で電力会社へ売電して利益を得る方法です。初期投資を回収するまでには10年~15年程度かかりますが、アパート経営のような空室の心配もなく、長期的な安定収入が見込めます。

郊外の場合は、建物の屋根の上ではなく地面にソーラーパネルを敷き詰める「野立て」太陽光発電が可能です。日当たりがあり、近くに電柱があれば、どこでも可能な活用方法です。

売電収入は発電量(kWh)に応じて決まるので、天候によって大きく変動することも考えられます。しかし、「1kWhあたり」の固定価格での買取となるため、よほどの気候変動がない限り、毎年同じくらいの収入が見込めます。

土地の傾斜などの条件にもよるので専門業者の見積もりが必要となりますが、50坪の土地の場合10~15kwのソーラーパネルの設置が可能です。10kW以上のパネルを設置すると、産業用となるため、買取価格は20年間固定されます。

それに対して、設置容量が10kW未満の場合、買取価格は10年間の固定価格です。ソーラーパネルを減らすと初期投資が抑えられますが、できれば10kW以上設置して、20年間安定した太陽光発電を行うと安心です。

長所
  • 20年程度、長期安定的に土地活用することができる。
  • 建物が建てられない場所でも可能。
短所
  • 10年未満の活用では初期投資を回収できない。
  • 風水害等のリスクに備える必要がある。
おすすめの土地
  • 風水害等のリスクに備える必要がある。
太陽光発電は活用しにくい土地の救世主!その理由とは?

3-2. 意外と需要がある「貸農園」

おすすめ土地活用 貸農園貸農園はアパートや駐車場のニーズが少ない郊外エリアにこそおすすめです。近くに大規模なマンションがある場合にも、土いじりをしたい住民のニーズがあるかもしれません。貸農園はどこでも営むことができるのが魅力です。

敷地を一括して一人に貸す場合は、管理も楽ですし初期投資もほとんど必要ないため、手軽な土地活用と言えます。収益性をアップさせたい場合には、一人に貸すのではなく、10坪以下の小さな区画に区切って複数の人に貸すとよいでしょう。ただし、契約の手間は増えますし、水道・柵などの初期投資が必要となります。

長所
  • 他の活用方法に簡単に転用可能。
  • 需要があればどこでも可能。
短所
  • 高収益は望めない。
おすすめの土地
  • 地価が安く、周辺に住宅が多いエリア。

3-3. コツコツ稼ぐ「精米所、自動販売機」

郊外の中でも、人通りや交通量が多い立地に向いている土地活用です。大型スーパーやホームセンターの近くなど、人が集まる場所の近くで、目立つ場所にあると有利です。

50坪の土地であれば、精米機と自動販売機を設置し、十分な駐車スペースも確保できます。精米機を購入して自分自身で運営する場合には、定期的な清掃・メンテナンス等が必要なので手間はかかりますが、コツコツ稼ぐことのできるビジネスです。

土地を借りてくれる専門業者が見つかれば、精米機を置く場所を貸して地代収入を得ることも可能で、この方式なら手間なく安定収入が得られます。

長所
  • アパート等の建物を建てる場合と比べると、初期投資が小さい。
  • 仕入れや在庫管理が不要で、需要があれば着実に売り上げが見込める。
短所
  • あまり高収益は期待できない。
おすすめの土地
  • 人通りや交通量の多い通り沿いの土地、大型商業施設の近くなど。

4.「50坪の土地活用」を成功させるポイント

ここまで見てきて、50坪の土地活用には非常に大きな可能性があり、たくさんの活用方法があるということがおわかりいただけたと思います。でも、同じ「50坪」でも、郊外と都市部、住宅地と商業地では、事情は全く違います。

土地は一つ一つ「個性」が異なります。最適な土地活用をするためには土地の「坪数(大きさ)」だけではなく、「地域性」「賃貸ニーズ」「法規制」なども踏まえた、ベストな土地活用を選び出すことが重要です。

あなたの土地に最も適している土地活用を知るためには、ぜひ複数の会社の提案を受けて、収益性やコストを比較してみてください。複数の会社の土地活用プランを比較するなら便利なのが、「HOME4U(ホームフォーユー)土地活用」の一括プラン請求です。

土地活用・不動産投資|土地活用の一括プラン請求サイトHOME4U

簡単な入力をするだけで、業界大手7社の提案をまとめて取り寄せられるので、効率よく比較検討が可能です。NTTデータグループが運営している無料サービスなので、安心して利用できます。

土地活用には、「収益性の高いもの」「手間がかからないもの」「長期安定運用できるもの」「短期間でやめられるもの」など様々なタイプがあります。50坪の土地の可能性を余すことなく知って、じっくり比較しましょう。あなたのお好みに合う土地活用がきっと見つかるはずです。

まとめ

いかがでしたか?この記事では、50坪の土地でできる土地活用方法について、具体的に紹介しました。

50坪の土地活用には、選択肢がたくさんあります。「HOME4U土地活用」を利用して、あなたの土地に最適な土地活用方法を提案してもらいましょう。この記事が土地活用方法に迷っておられる土地オーナー様のヒントになれば幸いです。

本記事の掲載内容は、最終更新日時点での情報です。
制度や法律については、改正等で内容に変更がある場合もございます。

土地活用の相談先を探すなら
複数の大手企業へ一括プラン請求

土地活用の相談先は「建築会社」「ハウスメーカー」「専門会社」など色々あって、どこに相談したら良いか、迷うものです。
それに、あなたの土地にはどんな活用法が向いているのかも、自分ではなかなかわからないですよね。
わからないからといって、もしも一社にしか相談しなかったら…

  • 他社ではもっと高収益なプランがあるかもしれないのに、見落としてしまうかもしれません
  • その土地に適していないプランで活用を始めてしまうリスクがあり、後になって失敗してしまう可能性があります。

 

つまり失敗しないためには、できるだけ多くの相談先を見つけ、たくさんのプランを比較してから決めることがとても重要です!

「HOME4U土地活用」なら、土地活用したいエリアなど簡単な項目を入力するだけで、複数の大手企業へまとめてプラン請求ができるので、各社の提案を比べながら、収益を最大化するためのプランを見つけることができます。

しかも「HOME4U土地活用」は

  • 信頼できる業界大手企業が勢ぞろい!この顔ぶれはHOME4Uならではのラインアップ!
  • NTTデータグループが運営。19年の実績があるので、安心してご利用いただけます

 

ぜひ大手企業に一括相談して、成功への足掛かりをつかんでください!


無料で土地活用の相談をしてみる

土地活用をお考えですか?
あなたの土地の収益最大化プランを大手企業最大7社がご提案!

無料で一括プラン請求