【60坪の土地活用】都心から郊外までおススメの13の活用法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
【60坪の土地活用】都心から郊外までおススメの13の活用法

土地活用というと、広大な土地を想像する人も多いと思います。でも実は、60坪前後の土地活用を検討する人が非常に多いのをご存知でしょうか?

「60坪の土地では、土地活用の選択肢は少ないのでは?」という誤解も多いのですが、60坪に向いている土地活用は非常に多く、選ぶのが大変なくらいです。

これから、60坪におすすめの活用方法ベスト13を徹底解説します

「都市部におすすめベスト5」
「初期費用を抑えたい人におすすめベスト5」
「郊外におすすめベスト3」
に分けてご紹介しますので、ぜひ検討してみてください。

活用方法にはそれぞれ長所と短所があり、向いている土地も異なります。

「土地活用を選ぶときに考慮すべき3大要素」と、
「あなたに合った土地活用の選び方」も解説します。

ぜひ参考にして、あなたにピッタリの活用方法を見つけてくださいね。

「土地活用をしたい気持ちは固まっているけれど、難しい話をたくさん読むのは苦手」という方は、この記事をざっくりと大枠で押さえた上で、「HOME4U(ホームフォーユー)土地活用」を使って複数の企業から活用プランの提案を受けてみることをおススメします。
NTTデータグループが運営する「HOME4U 土地活用」は、実績豊富な多数の大手企業と提携しています。優良な企業のさまざまな提案を受けられるので、初期費用だけでなく、ランニングコストや将来の収益性などをしっかり比較した上で活用プランを選択できるのが最大のメリットです。
土地活用のプロが作る渾身の活用プランを、ぜひ比較してみてください。

1. 都市部の60坪におすすめの活用方法ベスト5

まず最初に、駅の近くや住宅地など、都市部の60坪の土地におすすめの活用方法ベスト5をご紹介します。

都市部におすすめは、ずばりこの5つ!

  • アパート経営
  • マンション経営
  • 戸建賃貸経営
  • 賃貸併用住宅
  • 貸店舗経営

それぞれ詳しく見てみましょう。

1-1.「アパート経営」で安定収入!

土地活用 アパート経営アパート経営は、長期的に安定収入が得られるため、不動の人気を誇る土地活用です。

60坪の土地なら、ほとんどの場所でアパート建築が可能です。とはいえ、アパートとしては決して大きい規模ではありません。

だからこそ、大規模アパートとの差別化を考えることが、60坪の土地にアパートを建築するときのポイントです。専有部分の設備を充実させたり、デザイン性の高い建物を選んだりすることで、小規模ながら魅力的なアパートを計画するといいでしょう。

もう一つのポイントは、間取りです。

基本的にはファミリータイプにするよりも、単身者向けの間取りにして部屋数を増やしたほうが、坪あたりの賃料単価は高くなります。ただし、ファミリー層の賃貸需要が多いエリアであれば、もちろん需要に合わせてファミリータイプにしましょう。

アパート経営は、収益性が高いだけではなく、大きな節税効果があるのもメリットです。

アパートの敷地は、建物が建っていない更地と比較すると、固定資産税が6分の1、都市計画税が3分の1になります。そして、相続税の節税効果も抜群です。

賃貸住宅の敷地の相続税評価額は、マイホームの敷地と比べると約20%減額されます。一定の要件を満たせば、アパートの敷地のうち200平米まで50%減額される制度もあります。

さらに、アパートローンの借り入れがあれば、借入金額が相続税評価額からマイナスされるので、節税効果は抜群です。

長所
  • 長期的な安定収入が期待できる。
  • 固定資産税や相続税の節税効果がある。
短所
  • まとまった初期費用が必要。
  • 空室リスク、家賃下落リスクがあるので、競争力の高い物件を計画することが必要。
おすすめの土地は?
  • 駅徒歩圏、人気の住宅地、地価が高い都心など。

アパート経営については、こちらの記事「しっかりやればきっちり儲かる!アパート経営の始め方」もあわせてご覧ください。

しっかりやればきっちり儲かる!アパート経営の始め方

1-2.「マンション経営」なら競争力抜群!

マンションを建てるメリットは?建築費と成功のコツのすべてアパートとマンションの違いは、建物の構造です。法律上の区分けはありませんが、一般的に、木造や鉄骨造の建物をアパート、鉄筋コンクリートなどの建物をマンションと呼びます。

マンションはアパートよりも建築費が割高になりますが、その代わり建物の構造が強固で防音性が高く、耐用年数も長くなります

マンションは周辺の競合物件と差別化できるので、アパートよりも高い賃料を設定できますし、築年数の経過に伴う家賃の下落率も低いのがメリットです。

建築費が高くなるぶん、高賃料と高稼働が見込めるので、トータルでは安定性の高い賃貸経営ができる可能性が高くなります。

賃貸経営の収益性を上げるためには、建築費を抑えることが大切ですが、アパートとマンションの比較では、一概に建築費の安いアパートがいいとは限りません。

建築希望エリアの地域性によっても違いますので、アパートとマンションそれぞれの建築コスト・収支プランを比較してから決めましょう。

長所
  • 長期的な安定収入が期待できる(アパートよりも高賃料が期待できる)。
  • 固定資産税や相続税の節税効果がある。
短所
  • まとまった初期費用が必要(アパートよりも高め)。
  • 空室リスク、家賃下落リスクがあるが、建物性能が高いのでリスクは小さめ。
おすすめの土地は?
  • 駅徒歩圏、人気の住宅地、地価が高い都心など。特に、アパートは多いがマンションの供給が少ないエリア。

マンション経営については、こちらの記事「土地持ちオーナー必見!マンション経営を成功に導く全知識」もぜひご覧ください。

土地持ちオーナー必見!マンション経営を成功に導く全知識

1-3.「戸建賃貸経営」なら希少性あり!

注目の戸建賃貸賃貸用の戸建住宅は、近年注目を集めています。特にファミリー層を中心に、戸建に住みたいと思う人は多いものですが、賃貸用の戸建住宅はまだまだ多くありません。

希少性があるので、高稼働が期待できる一方で、アパート等に比べると建築費は少なくて済むのがメリットです。また、代替物件が少ないことや、ファミリー層が入居することで、長期間の入居も期待できます。

60坪の土地であれば、郊外のゆったりとした一戸建てにぴったりの大きさです。2棟の建築も充分に可能な広さなので、地域性に応じて戸数を検討しましょう。

ポイントは、戸建タイプの賃貸住宅の需要を見極めること。ファミリータイプの需要者が多く、交通利便性が良いエリアか、子育て環境の良好な住宅地などに向いています。

アパートやマンションが供給過剰になっているエリアでは、特に積極的に検討してみるといいですね。

長所
  • 競合が少ないエリアなら、高稼働・高賃料が期待できる。
  • 敷地の形状に合わせて設計しやすい。
  • 手放すときには、賃貸住宅ではなくエンドユーザー向けの中古一戸建てとして売却することができる。2棟のうち1棟だけ売ることもできる。
  • 固定資産税や相続税の節税効果がある。
短所
  • 立地によっては、アパートやマンションの方が高収益。
おすすめの土地は?
  • 交通利便性の良い場所、人気の住宅地など。

1-4.「賃貸併用住宅」なら一石二鳥!

賃貸併用住宅は、オーナーの自宅と賃貸住宅を合わせた建物です。

賃貸住宅からの家賃収入を、住宅ローンの支払いに充てることができるのがメリットです。場合によっては、家賃収入だけでローンが返済できる可能性もあるので、夢のようですね。

賃貸併用住宅は、ライフスタイルの変化に合わせて、使い方を柔軟に変化させられる住宅です。例えば、当面は賃貸併用住宅として利用し、将来は二世帯住宅として使うこともできます。

ポイントとしては、オーナーと賃貸住宅の入居者がすぐ近くに住むことになるので、双方が快適に暮らせる建物を計画することです。

遮音性の高い建物を選んだり、オーナーと入居者の動線を分けるなど、設計上の工夫が重要です。安定した賃料収入を得るために、周辺エリアの賃貸ニーズに合わせた間取り・設備を計画することも大切です。

長所
  • 家賃収入をローン返済に充てられる。
  • ライフスタイルの変化に応じて、柔軟に利用方法を変化させることができる。
短所
  • オーナーと入居者が快適に共生できるように、設計上の工夫が必要。
おすすめの土地は?
  • 駅徒歩圏、人気の住宅地、地価が高い都心など。

賃貸併用住宅については、こちらの記事「大注目の賃貸併用住宅!成功者が実践する必勝ノウハウ」もぜひご覧ください。

大注目の賃貸併用住宅!成功者が実践する必勝ノウハウ

1-5.「貸店舗経営」なら立地を活かして高収益!

60坪の土地が繁華街・商業地・駅の近く・幹線道路沿いなどにある場合には、賃貸用の店舗を建築して貸し出す選択肢があります。

商業地に土地を所有していても、自分で商売をする予定がなければ、ぜひ検討しましょう。飲食業・物販業など、小さな店舗で営業できる業種は様々です。

しかも、貸店舗は居住用の物件に比べると、坪あたりの賃料が高く設定できる場合がほとんどです。ただし、せっかく建てたのに借り手が見つからないということにならないよう、事前に十分な賃貸市場調査を行いましょう。

長所
  • 居住用よりも高い賃料を設定できることが多い。
  • 自分で店舗を営業するよりも簡単に有効活用できる。
  • 繁華性が高すぎてアパート等に向いていない場所も有効活用できる。
短所
  • 借り手がすぐに見つからない可能性もあるので、事前調査が必要。
おすすめの土地は?
  • 駅周辺、繁華街、商業地、幹線道路沿いなど。

2. 初期投資を抑えたい人におすすめの活用方法ベスト5

次に、初期投資を抑えたい人向けの土地活用ベスト5をご紹介します。「土地活用したいけれど、あまり高額の初期投資は避けたい」という人に向いています。

初期投資が少額で済む土地活用は、アパート等に比べると収益性は控えめになりますが、気軽に始められるのは魅力的ですね。

初期投資を抑えたい人におすすめの活用方法ベスト5は、次のとおりです。

  • 月極駐車場、コインパーキング
  • トランクルーム
  • バイク置場、駐輪場
  • 自動販売機、コインロッカー、貸看板、精米所
  • 貸地

ひとつずつ見ていきましょう。

2-1.「月極駐車場、コインパーキング」なら低コストでスタート!

土地活用 駐車場経営駐車場経営といえば、アパート・マンション経営と同じくらいメジャーな土地活用ですね。

開業までの費用も少額で、準備期間も短く、別の活用方法に変更するのも簡単なので、気軽に始めることができます。

駐車場1区画の大きさは、幅2.5メートル、長さ5メートルが目安となります。

さらに50センチずつ広げることができれば、余裕があって使いやすい駐車場になりますが、区画数を最大限に増やすことも大切です。敷地の形状によっても違いますが、60坪なら8~9台くらいの区画が作れます。

「月極駐車場」と「コインパーキング(時間貸し駐車場)」どちらを選ぶのか、エリアの特性に応じて選択しましょう。

2-1-1.月極駐車場

初期費用はアスファルト舗装費用くらいで、舗装しない場合には費用はほとんどかかりません。

オーナー自らが自営することもできますが、手間をかけたくない場合には不動産会社に管理委託するといいでしょう。

長所
  • 初期費用が低額。
  • 他の用途に転用しやすいので、短期の土地活用でもOK。
短所
  • 固定資産税や都市計画税の優遇がない。
  • アパートやマンションなどの賃貸住宅経営に比べると高収益は期待しにくい。
おすすめの土地は?
  • 駅の近く、住宅地の中など。

2-1-2.コインパーキング

オーナーが自費で設備投資して運営する方式と、コインパーキング専門業者に固定賃料で土地を貸す方式があります。

専門業者に土地を貸す場合には、設置費用を負担してもらえて、運営管理も任せられるので手間もかかりません。

長所
  • 他の用途に転用しやすいので、短期の土地活用でもOK。
  • 建物を建てる土地活用に比べると、初期費用が低額。
短所
  • 固定資産税や都市計画税の優遇がない。
おすすめの土地は?
  • 商業地や繁華街、駅や観光地、病院の近くなど。

なお、駐車場経営については、こちらの記事「プロが解説!駐車場経営の基礎知識から儲かるコツまで」で詳しく解説しています。

プロが解説!駐車場経営の基礎知識から儲かるコツまで

2-2.「トランクルーム」なら将来性あり!

土地活用 トランクルームトランクルームは近年増えてきた土地活用ですが、利用者の認知度も上昇中で、潜在需要は多いので将来性があると言われています。

コンテナを利用した屋外型のトランクルームは、アパート等の建物を建てるよりも初期投資が少額で、管理の手間もかからないのが魅力です。

トランクルーム経営は、周辺にマンションや狭小な戸建住宅が多く、収納ニーズの多いエリアに向いています。トランクルーム専門業者に依頼すると、周辺ニーズを調査し、コンテナの配置等をシミュレーションしてもらえます。

なお、自治体によって判断が異なりますが、コンテナが設置できないエリアもありますので、注意しましょう。

長所
  • 住宅系の建物と比べると初期投資が少ない。
  • 住環境が良くない場所や、変形地でも設置できる。
  • 他の用途に転用しやすいので、短期の土地活用でもOK。
短所
  • 経営が成り立つかどうかは、そのエリアの収納ニーズしだい。
おすすめの土地は?
  • 周辺に集合住宅や狭小な戸建住宅が多いエリアなど。

2-3.「バイク置場、駐輪場」は意外に需要が多い!

バイク置場、駐輪場バイク置場、駐輪場が向いている立地は駅前だけではありません。オフィス街の需要もありますし、バイク置場が不足しているマンションも多いので、住宅地でも可能性があります。

車が通りにくい場所や、車庫入れがしにくい土地など、駐車場経営に向いていない場合にもおすすめです。防犯性が高いコンテナタイプにして、バイク愛好家のニーズを取り込むのも一案です。

長所
  • 初期投資が少なく、変形地でも可能。
短所
  • それほど高収益は見込めない。
おすすめの土地は?
  • 駅の近く、住宅地やオフィス街の近くなど。

2-4.「自動販売機、コインロッカー、貸看板、精米所」で無駄なく活用!

人通りや車両通行量の多い立地なら、小さなスペースでできる土地活用を組み合わせたり、駐車場などの他の活用方法と併用して、敷地を隅々まで活用しましょう

自動販売機は、機械の設置から集金・補充・空き缶回収まで運営会社に全て任せるのが一般的です。オーナーが負担するのは月々2,000~5,000円前後の電気代だけで、売り上げの20%前後の収入が得られます。

コインロッカーが向いている立地は駅前や繁華街の近くなどに限られますが、商品補充等の必要がないので手間のかからないビジネスです。

貸看板(広告看板)は、需要さえあれば狭いスペースでも安定収益が得られ、長期間利用してもらえることが多いのも魅力です。

精米所は、専門業者に土地を貸して地代収入を得る方法と、オーナーが精米機を購入して運営する方法があります。郊外の大型スーパーやホームセンターの近くなど、人通りや交通量が多い、目立つ場所ならば検討してみましょう。

長所
  • 変形地でも有効活用できる。
  • 初期投資が少額で手間がかからない。
短所
  • 需要のない土地では収益性が期待できない。
おすすめの土地は?
  • 駅の周辺、繁華街、人通りや車両通行量の多い立地。

2-5.「貸地」なら手間なく安定収入!

土地を貸すだけなので、手間も初期費用もかからない活用方法です。土地を借りた人が、住宅、店舗などの建物を建てて土地を活用します。

ポイントは、定期借地権」で契約することです。「定期借地権」には契約更新がないので、契約期間が終了したら確実に土地が返還されるので安心です。

もし「定期借地権」ではなく「普通借地権」にしてしまうと、正当事由がない限り、契約が更新されてしまいます。借主が強く保護され、なかなか土地が返してもらえないというトラブルになりがちなので、「普通借地権」は避けましょう

「定期借地権」の契約期間は用途によって異なります。住宅の場合は、「一般定期借地権」となり、50年以上の契約になります。店舗などの場合は、「事業用定期借地権」となり、10年以上50年未満の契約となります。

長所
  • オーナーは建物建設費用を負担する必要がない。
  • 長期安定収入が得られる。
短所
  • 短期間の契約はできない。
  • オーナーが自ら建物を建築して運営する場合に比べると収益性は低くなる。
おすすめの土地は?
  • 住宅地、商業地、幹線道路沿い、駅の近くなど。

3. 郊外の60坪におすすめの活用方法ベスト3

最後に、郊外の60坪にピッタリの土地活用ベスト3をご紹介します。

郊外の土地で、周辺にアパートや駐車場なども少ない場合、土地活用をあきらめて放置されているケースも多いですね。でも、これからご紹介する活用方法は、建物を建てられない「市街化調整区域」などのエリアでも可能です。

郊外におすすめの活用方法ベスト3は次のとおりです。

  • 太陽光発電
  • 資材置場
  • 貸農園

それでは、順にみていきましょう。

3-1.「太陽光発電」なら長期安定収入!

「野立て」太陽光発電建物の屋根の上ではなく、地面にソーラーパネルを並べて発電するのが「野立て」太陽光発電です。

郊外で日当たりが良く、近くに電柱があるなら、どこでも可能な土地活用です。初期費用を回収するまでに10~15年前後かかるので、短期の土地活用には向いていません。

太陽光発電の売電収入は、発電量(kWh)に応じて決まりますが、スタートから一定期間は「1 kWhあたり●円」の固定価格となります。

60坪の土地であれば、10kw以上のパネルを設置できるので「産業用」の扱いとなり、20年間は固定価格で買取してもらえます

長所
  • 長期間の安定収入が見込める。
  • 建物が建てられない「市街化調整区域」などでも可能。
短所
  • 風水害のリスク、固定期間終了後の売電価格下落リスクがある。
おすすめの土地は?
  • 郊外で日当たりが良い土地。近くに電柱があり、地盤が固い土地。

3-2.「資材置場」は郊外にぴったり!

60坪の広さがあると、資材置き場の需要が見込めます。資材置場は、建築資材や工事用の重機を保管するためのスペースです。

土地をそのまま貸すだけで、舗装する必要もないので、手間や初期費用がかかりません。60坪の土地は資材置場としては小規模ですが、場所によっては需要があるので、募集してみるといいですね。

長所
  • 初期費用が不要。
  • 建物が建てられない「市街化調整区域」などでも可能。
短所
  • どこでもニーズがあるとは限らない。
おすすめの土地は?
  • 郊外で、接する道路幅員が広く、間口も広い土地。

3-3.「貸農園」は意外とニーズがある!

郊外でも営むことができ、親族が家を建てるまでの短期間の活用などにも向いています。敷地全体を一人の人に貸す場合には、管理も楽で、初期投資もほとんどいりません

10坪以下の小さな区画に区切って複数の人に貸すと収益性が上がりますが、契約の手間が増えたり、柵の設置費用が必要になります。

長所
  • 他の用途に転用しやすい。
短所
  • 収益性は低い。
向いている土地は?
  • 周辺にマンションや狭小な戸建住宅が多い場所。

4. 「60坪の土地活用」で成功するためのポイント

最後に、60坪の土地活用で成功するためのポイントを見てみましょう。

4-1. 土地活用を選ぶときに考慮すべき3つの要素

ここまでご紹介してきたように、60坪の土地は様々な土地活用が可能です。

でも、選択肢が多いのはうれしいことですが、土地活用を成功させるためには、その土地にピッタリの土地活用を選ぶ必要があります。

活用方法を選ぶときには、次の3つの要素を踏まえて考えることが大切です。

地域性

商業地か住宅地か、郊外か都市部か、人通りは多いのか、など。

賃貸ニーズ

単身者向け・ファミリー向けの賃貸需要、駐車場需要の多さなど。

法規制

その土地に建てられる建物の用途の制限、大きさの制限など。

土地には、それぞれ個性があります。最適な土地活用をするためには、その土地の個性を踏まえた、最良の選択肢を選ぶことが重要です。

4-2. あなたに合った土地活用の選び方

上記の3つの要素を踏まえた土地活用はどれなのか、自分一人で考えるのは限界があります。最良の活用方法を知るために、ぜひ複数の会社の提案を受けてみましょう。

それぞれの収益性や初期投資の違いを比較してみることで、会社ごとの特徴や建築費の妥当性も見えてきます。

複数の会社の土地活用プランを比較するときにおすすめなのが、NTTデータグループが運営する「HOME4U(ホームフォーユー)土地活用」の一括プラン請求サービスです。

土地活用・不動産投資|土地活用の一括プラン請求サイトHOME4U

所在地などの簡単な入力をするだけで、初期費用や収支計画などの活用プランを大手7社にまとめて請求することができます

どの活用方法が一番いいのか、今の時点ではわからない」
「この活用方法がいいと思うけど、どの会社を選べばいいかわからない」

どちらのお悩みも、複数の会社の提案をじっくり比較すれば、答えが見えてくるはずです。まずは、様々な活用プランを請求することから始めましょう!

まとめ

それではおさらいです。都市部の60坪におすすめの活用方法ベスト5は、

  • アパート経営
  • マンション経営
  • 戸建賃貸経営
  • 賃貸併用住宅
  • 貸店舗経営

でしたね。これらは、高収益が狙える活用方法です。

次に、初期投資を抑えたい人におすすめの活用方法ベスト5は、

  • 月極駐車場、コインパーキング
  • トランクルーム
  • バイク置場、駐輪場
  • 自動販売機
  • コインロッカー
  • 貸看板、精米所
  • 貸地

でした。収益性は控えめですが、これなら気軽に始めることができますね。

そして、郊外の60坪におすすめの活用方法ベスト3は、

  • 太陽光発電
  • 資材置場
  • 貸農園

でした。郊外でも様々な可能性があるので、あきらめずに検討してみましょう。

60坪の土地活用は、選択肢が多くて迷ってしまうかもしれません。

HOME4Uの一括プラン請求サービスを賢く利用して、複数の会社にあなたの土地の個性を踏まえた様々な提案をしてもらい、しっかり比べて最良の活用プランを見つけてください!

土地活用の相談先を探すなら
複数の大手企業へ一括プラン請求

土地活用の相談先は「建築会社」「ハウスメーカー」「専門会社」など色々あって、どこに相談したら良いか、迷うものです。
それに、あなたの土地にはどんな活用法が向いているのかも、自分ではなかなかわからないですよね。
わからないからといって、もしも一社にしか相談しなかったら…

  • 他社ではもっと高収益なプランがあるかもしれないのに、見落としてしまうかもしれません
  • その土地に適していないプランで活用を始めてしまうリスクがあり、後になって失敗してしまう可能性があります。

 

つまり失敗しないためには、できるだけ多くの相談先を見つけ、たくさんのプランを比較してから決めることがとても重要です!

「HOME4U土地活用」なら、土地活用したいエリアなど簡単な項目を入力するだけで、複数の大手企業へまとめてプラン請求ができるので、各社の提案を比べながら、収益を最大化するためのプランを見つけることができます。

しかも「HOME4U土地活用」は

  • 信頼できる業界大手企業が勢ぞろい!この顔ぶれはHOME4Uならではのラインアップ!
  • NTTデータグループが運営。17年の実績があるので、安心してご利用いただけます

 

ぜひ大手企業に一括相談して、成功への足掛かりをつかんでください!


無料で土地活用の相談をしてみる

SNSでもご購読できます

コメントを残す

*

土地活用をお考えですか?
あなたの土地の収益最大化プランを大手企業最大7社がご提案!

無料で一括プラン請求