【土地活用の会社選び攻略法】優良企業10項目比較で理想を実現!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

「相続した土地をどうしたらいいのか分からない」
「とりあえず駐車場にしているけれど、もっといい土地活用があるのではないか」
など、土地活用には様々なお悩みがあると思います。

土地活用で大切なのは、その土地にピッタリの方法を選ぶこと。
でも、土地活用の方法はひとつの土地でも数種類の候補があるのが普通です。
もしかしたら、思いもよらない選択肢が向いているかもしれません。
どの会社に相談すれば、ベストな選択肢が見つかるのでしょうか?

いったん土地活用をスタートしたら、途中で変更することは難しいので、優良な企業に相談して慎重に判断する必要があります。

でも、例えば「アパートを建てたい」などと方向性が決まっている場合であっても、アパートを建築できる会社はたくさんありすぎて、どの企業を選べばいいのか迷ってしまうのが当然です。

この記事では、土地活用の具体的な種類と相談できる会社について解説いたします。
「色々な土地活用の可能性を探りたい」という方も、「アパートに絞って相談したい」という方も、ニーズに合わせて相談する方法があります。

土地活用を成功させる【会社選びの3ステップ】をご紹介しますので、ぜひ実践いただき、あなたの土地に最適な土地活用方法とそれを実現させてくれる会社を見つけてください。

「土地活用をしたい気持ちは固まっているけれど、難しい話をたくさん読むのは苦手」という方は、この記事をざっくりと大枠で押さえた上で、「HOME4U(ホームフォーユー)土地活用」を使って複数の企業から活用プランの提案を受けてみることをおススメします。
NTTデータグループが運営する「HOME4U 土地活用」は、実績豊富な多数の大手企業と提携しています。優良な企業のさまざまな提案を受けられるので、初期費用だけでなく、ランニングコストや将来の収益性などをしっかり比較した上で活用プランを選択できるのが最大のメリットです。
土地活用のプロが作る渾身の活用プランを、ぜひ比較してみてください。

1. 土地活用の種類と相談先

「土地活用をしたい!」と思ったら、どこへ相談にいけばよいのでしょうか。
土地活用の方法には、賃貸住宅経営・駐車場経営・太陽光発電・貸店舗など多様な選択肢があります。

まずは土地活用の種類と相談先についてご説明します。

1-1. 土地活用の種類と相談先の会社

土地活用は大きく分けると

  • 賃貸住宅系の土地活用
  • 建物を建てない土地活用
  • 非住宅系の建物を建てる土地活用

の3つに分類できます。

主な種類と相談先を表にしてみました。

大分類 細分類 相談先
賃貸住宅系の土地活用 アパート・マンション
戸建賃貸
賃貸併用住宅
高齢者向け住宅など
ハウスメーカー
建築会社
設計事務所
建物を建てない土地活用 コインパーキング
月極駐車場
太陽光発電
貸地など
不動産会社
コインパーキング専門会社
太陽光発電専門会社など
非住宅系の建物を建てる土地活用 貸店舗
貸オフィス
トランクルームなど
建築会社
トランクルーム専門会社など

全ての土地活用を手掛けていて、かつ全てを強みとしている会社というのは、存在しません。
いろいろな土地活用の可能性を探るためには、複数の企業に相談してみる必要があります。

例えば賃貸住宅系だけでも、アパートやマンションのほかに、「戸建賃貸」「賃貸併用住宅」など様々な種類があります。

綿密なマーケット調査を踏まえた、そのエリアの需要に合った土地活用なら、安定した収益性が実現できます。
また、場所によって様々な法規制が定められていて、建てられる建物の種類や大きさも決まっているので、建築基準法等に精通した専門家に土地活用プランを立ててもらう必要があります。

それぞれの企業に得意とする工法や特色があるため、できるだけ多くの専門家の意見を聞いた上で自分に合ったものを選ぶことをおすすめします。

1-2. それぞれの土地活用の特徴

そもそも最適な土地活用が見つかっていないケースも多いと思いますので、「1-1. 土地活用の種類と相談先の会社」でご紹介した表の大分類ごとの特徴をまとめました。

専門家の意見を聞く前に、どんな土地活用が好みなのかイメージしてみてください。

賃貸住宅系の土地活用

「賃貸住宅」と一口に言っても、アパート、マンションのほかにも様々な種類があります。
アパートやマンションが最も多いですが、近年は希少価値のある「戸建賃貸」や、マイホームと併せて建てる「賃貸併用住宅」、高齢化社会にぴったりの「高齢者向けの住宅」など、選択肢が増えています。

賃貸住宅は、都心から郊外まで、様々な立地、規模で計画することができます
まとまった建築費は必要になりますが、市場調査を踏まえて競争力の高い建物を建てれば、長期的に安定収益が得られます。

賃貸住宅は、固定資産税・都市計画税や相続税の節税効果が大きいのも魅力です。
アパートローンを借り入れすれば、借入額が相続税評価額から控除されるので、大幅な節税が可能です。

賃貸住宅系の土地活用の場合、ハウスメーカー、建築会社、設計事務所などに相談するのがおすすめです。
建築会社によって、得意とする工法(木造、鉄骨、鉄筋コンクリート)や得意な物件タイプがありますので、複数の企業に建築プランの提案を依頼して比較検討することが大切です。

1つの土地でも、建物の形状や配置、デザインなど、様々なバリエーションの提案が出るはずです。

建物を建てない土地活用

実は、どこに相談すればいいのか最も悩ましいのが、建物を建てない土地活用です。
アパート等の賃貸住宅を建てるなら、ハウスメーカーなどに相談すればいいことはわかりやすいですが、建物を建てない場合にはどこに相談すればいいのか迷ってしまう方も多いと思います。

建物を建てない土地活用の場合、コインパーキング専門会社、太陽光発電専門会社など、それぞれの分野のスペシャリスト企業に相談する必要が出てきます。

例えば駐車場の場合、月極駐車場とコインパーキングの2種類の活用方法があります。
月極駐車場であれば、オーナー自らが管理する方式を選ぶか、地元の不動産会社などに管理を依頼します。

舗装やタイヤ止めを設置し、利用者と賃貸借契約を結んで管理することになります。
コインパーキングは、専門企業に土地を貸す方式が主流です。

土地を貸す方式の場合は、毎月一定額で土地を貸し出し、機械の設置費用はコインパーキング専門企業が負担してくれるのが一般的です。
コインパーキングでも土地を貸すのではなく、オーナーの費用負担でパーキング設備を設置し、稼働率に応じた収入を得る方法も可能です。

太陽光発電は、郊外で周囲に高い建物がなく、広い土地に適しています。
太陽光発電システムの専門会社に土地を貸して設備を設置してもらう方式と、オーナーが費用を負担して発電設備を設置する方法があります。
15~20年ほどの長期的な安定収入を希望する場合に向いています。

非住宅系の建物を建てる土地活用

非住宅系の建物としては、店舗、オフィス、クリニック、トランクルーム、コインランドリー等の様々な選択肢があります。

非住宅系の建物を建てる土地活用の場合、建築会社や、トランクルーム専門会社などに相談するのがおすすめです。
立地や法律上の規制に応じて、どんな建物が向いているのか、的確にマーケットの調査を踏まえて判断する必要があります。

例えばコンビニやトランクルームなら、運営企業に土地を貸す方式もあります。
賃貸住宅と比較すると、店舗やトランクルーム、コインランドリーなどは建設費を抑えられる可能性が高く、初期投資を少なくしたいというオーナーの要望にも応えられる可能性があります。

2. 土地活用を成功させる「会社選びの3ステップ」

2-1. 【ステップ1】オーナーの悩みや希望を考えてみる

土地活用に対する悩みや希望について、あらかじめ考えをまとめておけば、ハウスメーカー・不動産会社・専門企業に相談する際にスムーズに打ち合わせができます。
はじめからプランを提示されることもありますが、ニーズを聞いてからプランを提示されることも多いです。

例として次のようなものがあります。

  • とにかく収益性の高いものがよい
  • 収益性は控えめでもいいので長期的に安定収入を得たい
  • 相続税対策したい
  • 固定資産税の負担を軽くしたい
  • 短期間でも止められる土地活用がよい
  • 数年後に売却したい
  • 有利な形で子どもに相続させたい
  • 借り入れ額は抑えたい
  • 賃貸経営に手間をかけたくない
  • 老朽化したアパートを建て替える場合とリフォームする場合を比較してから決めたい

自分ではこうした方がよいと思って土地活用方法を絞っていても、打ち合わせをしていく途中で希望が変わることも多いので、現時点のイメージでまとめておけば充分です。

オーナーの悩みが明確になっていると、よりよいプランが提案されやすくなります。
オーナーの意向をしっかりと聞き取り、実現してくれる会社を選ぶとよいでしょう。

2-2. 【ステップ2】複数の企業から土地活用プランの提案を受ける

土地活用の方法によって相談先が違うことについてお伝えしましたが、実際に相談する際には初めから企業を絞らず、できるだけ複数の企業に相談することをおすすめします。
企業にはそれぞれ得意分野があるため、1つの企業の提案を聞くだけでは、本当にそれが最適なのかどうか判断できません。

でも、複数の企業に相談したいと思っても、どの会社に依頼すればいいのか迷ってしまうという方も多いのではないでしょうか。
ホームページや資料請求で一社ずつの得意分野を自分で調べて依頼先を探すのは、大変な時間と手間がかかってしまいます。

手間をかけずにニーズに合った企業に相談するために、おすすめしたいのが「HOME4U(ホームフォーユー)土地活用」です。

HOME4U土地活用

HOME4Uは、確かな実績を持った多数の優良な企業と提携しています。
土地の所在地などの情報を入力するだけで、エリアに対応した複数の企業に土地活用プランの提案を依頼することができるので、一社ずつ同じ作業を繰り返して依頼する手間が省けます。
希望する土地活用があれば、種類を指定してプラン提案を受けることもできます。

土地活用プランを請求すると、立地、法規制、賃貸需要をふまえて、それぞれの企業が考える「あなたの土地にとって最適なプラン」を提示してもらうことができます。
例えば、木造や鉄骨のアパートにするのか、鉄筋コンクリートのマンションのほうが有利か、比較検討することも可能です。

当初は検討していなかった土地活用の方法が最終的に選ばれるケースも珍しくありません。
「土地が広くないから賃貸住宅は建てられないだろうと予測していたけれど実際には需要があるエリアだった」「賃貸住宅を建てようと思っていたけど、専門家に収支プランを見てもらったら実は店舗向けの土地だった」などというように、思いがけない別の運用方法が見つかることもあります。
できるだけ多くの土地活用の専門家の意見を聞いてみることをおすすめします。

HOME4Uでプラン請求できる企業一覧はこちらです。
https://land.home4u.jp/company

2-3. 【ステップ3】10項目をじっくりと比較して会社を選ぶ

提案を受けたら、どの会社を選べばいいのでしょうか?
様々な項目についてじっくりと比較してみると、プランごとの違いが明らかになります。

あなたの土地に適した土地活用で希望に沿った運用ができるように、注目したい比較ポイントは以下の10項目です。

  • 初期投資
  • 事業計画の信頼性
  • 土地活用の期間
  • 収益性
  • 豊富な実績があるか
  • 他業種との連携
  • 担当者の質
  • アフターサービス
  • 税金対策
  • オーナーの希望がかなえられるか

それぞれの項目をご説明いたします。

初期投資

初期投資を抑えると、その分利益も低くなる可能性が高いので注意が必要です。
賃貸住宅の中では、アパートよりも戸建賃貸の方が初期投資を抑えやすい傾向があります。

また、同じアパートでも建て方しだいで初期投資はかなり幅があります。
初期費用を抑えることを重視するならトランクルーム経営、駐車場経営、太陽光発電経営などを選ぶ方が多いです。

その他にも、土地を貸してコンビニなどの店舗を建ててもらう方法や、建設協力金を受け取ってオーナーが建物を建てる方法など、様々な方式があります。

事業計画の信頼性

土地活用を成功させるためには、十分な市場調査を踏まえた計画であることが必要です。

綿密に市場調査された上での提案であるか、事業計画書がしっかりしているかといった点も比較してください。

土地活用の期間

提案された土地活用がどのくらいの期間継続できる見込みか、また、他の用途への転用しやすさも確認することをおすすめします。

初期投資の負担が大きいと、費用を回収して利益が出るまでに時間を要してしまいます。
それぞれの企業のプランでは、どの程度の期間で初期投資を回収できるのかもしっかり比較検討してください。

収益性

アパート等の建築プランの提案を受けるときは、家賃収入だけでなく経費も考慮した収支計画表を作成してもらえます。

修繕費なども考慮した長期の収支をじっくりと比較してください。
長期にわたる高い収益性を重視するなら、賃貸住宅等の建物を建てる土地活用が有利です。

豊富な実績があるか

土地活用のパートナーが多くの実績を積んでいて豊富なノウハウを保有しているかどうか確認してください。

類似物件の稼働率を聞いたり、完成物件を見学できることもあります。

他業種との連携

大手のハウスメーカーや不動産会社は、銀行を紹介してくれることも多いので、金利の有利な提携ローンの有無も確認してください。

相続税対策を希望する場合には、提携している税理士を紹介してもらえたり、社内税理士に相談できたりする企業もあります

担当者の質

信頼できる企業であることが大前提ですが、担当者と相性が合うかも重要です。

担当者自身の知識やどのくらいの経験を積んでいるか、説明は丁寧で分かりやすいか、メリットだけではなくデメリットについても説明してくれるかなど、相談にしっかりと応じてくれる担当者を見極める必要があります。

強く契約を迫って来るような担当者は避けたいものです。

アフターサービス

土地活用をスタートさせてからの管理サポートの有無や内容についても把握する必要があります。

建設後に管理までワンストップで依頼できるのか、ランニングコストはどのくらいなのか、修理が必要になった時の対応、保証内容について詳しく説明を受けてください。

税金対策

それぞれの土地活用プランについて、相続税や固定資産税の節税効果があるかどうか比較してみてください。

相続税対策として土地活用を希望する場合は、そもそも相続税評価額をどれくらい下げる必要があるのか、税理士等に相談することも大切です。

更地にしておくよりも、アパート等の建物を建てれば大幅な節税が可能です。
場合によっては、借入による相続財産の圧縮も効果が大きいです。
土地の固定資産税を下げたい場合にも、賃貸住宅が有利です。

オーナーの希望がかなえられるか

人によって、土地活用に求めるものは違います。

収益性を優先したい、初期投資を抑えたい、節税したいなど、【ステップ1】で検討したオーナーの希望がどのくらいかなうか検討してください。

オーナーの意思に沿わない土地活用方法では後悔する可能性が高くなります。

まとめ

それではおさらいです。

土地活用の種類には大きく分けると3種類で、「賃貸住宅系の土地活用」「建物を建てない土地活用」「非住宅系の建物を建てる土地活用」があります。

全ての土地活用を手掛ける会社はありませんし、特定の分野を専門としている企業があるため、最適な土地活用を見つけるには複数の企業に相談してみることが必要です。

そして、土地活用を成功させる上で大切な「会社選びの3ステップ」は、【ステップ1】オーナーの悩みや希望を考えてみる、【ステップ2】複数の企業から土地活用プランの提案を受ける、【ステップ3】10項目をじっくりと比較して会社を選ぶ、でした。

相談先は初めから絞らずに、複数の企業に相談して比較検討することが大切です。
ぜひ「HOME4U 土地活用」を利用して、複数の優良な企業と出会い、あなたの土地に最適な活用方法を提案してくれるパートナーを見つけてくださいね。

本記事の掲載内容は、最終更新日時点での情報です。
制度や法律については、改正等で内容に変更がある場合もございます。

土地活用の相談先を探すなら
複数の大手企業へ一括プラン請求

土地活用の相談先は「建築会社」「ハウスメーカー」「専門会社」など色々あって、どこに相談したら良いか、迷うものです。
それに、あなたの土地にはどんな活用法が向いているのかも、自分ではなかなかわからないですよね。
わからないからといって、もしも一社にしか相談しなかったら…

  • 他社ではもっと高収益なプランがあるかもしれないのに、見落としてしまうかもしれません
  • その土地に適していないプランで活用を始めてしまうリスクがあり、後になって失敗してしまう可能性があります。

 

つまり失敗しないためには、できるだけ多くの相談先を見つけ、たくさんのプランを比較してから決めることがとても重要です!

「HOME4U土地活用」なら、土地活用したいエリアなど簡単な項目を入力するだけで、複数の大手企業へまとめてプラン請求ができるので、各社の提案を比べながら、収益を最大化するためのプランを見つけることができます。

しかも「HOME4U土地活用」は

  • 信頼できる業界大手企業が勢ぞろい!この顔ぶれはHOME4Uならではのラインアップ!
  • NTTデータグループが運営。18年の実績があるので、安心してご利用いただけます

 

ぜひ大手企業に一括相談して、成功への足掛かりをつかんでください!


無料で土地活用の相談をしてみる

SNSでもご購読できます

土地活用をお考えですか?
あなたの土地の収益最大化プランを大手企業最大7社がご提案!

無料で一括プラン請求