やっぱり有利!ハウスメーカーの賃貸住宅で成功するコツ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

「賃貸住宅を建てたいけど、どのハウスメーカーを選んだらいいのかわからない」とお悩みではありませんか?

一口にハウスメーカーといっても多数の企業が存在します。

しかも、賃貸住宅を建てるには、ハウスメーカーのほかにも、設計事務所、工務店など様々な選択肢があります。

この記事ではハウスメーカーで建築した場合にはどんなメリット・デメリットがあるのか、また、設計事務所や工務店などに依頼する場合との違いを詳しくご紹介していきたいと思います。

ちなみに、ハウスメーカーの賃貸住宅にはメリットが多いですが、どこのハウスメーカーに頼んでも同じというわけではありません。

多数あるメーカーの中から、自分にあった企業を見つける方法についてもご紹介しますので、ぜひ最後までお読みいただき、企業選びを成功させてください。

「土地活用をしたい気持ちは固まっているけれど、難しい話をたくさん読むのは苦手」という方は、この記事をざっくりと大枠で押さえた上で、「HOME4U(ホームフォーユー)土地活用」を使って複数の企業から活用プランの提案を受けてみることをおススメします。
NTTデータグループが運営する「HOME4U 土地活用」は、実績豊富な多数の大手企業と提携しています。優良な企業のさまざまな提案を受けられるので、初期費用だけでなく、ランニングコストや将来の収益性などをしっかり比較した上で活用プランを選択できるのが最大のメリットです。
土地活用のプロが作る渾身の活用プランを、ぜひ比較してみてください。

1. 賃貸住宅をハウスメーカーで建てるメリット・デメリット

ハウスメーカーは戸建住宅だけではなく、賃貸住宅にも力を入れている企業が多くあります。

ハウスメーカーならではのメリット7つと、デメリット1つについて知っておきましょう。

1-1. メリットは7つ

ハウスメーカーで賃貸住宅を建てるメリットは次の7つです。

  1. 品質が高く一定水準
  2. 管理までサポートしてもらえる
  3. ブランド力が高い
  4. 施工期間が短い
  5. 工場で資材を加工するので、現場施工より割安
  6. 同ブランドの完成物件を見学できる
  7. 保証期間やアフターサービスが充実

それぞれ詳しく見ていきましょう。

① 品質が高く一定水準

ハウスメーカーの賃貸住宅は、徹底した検査が行われるため、品質が確かです。

耐震性・断熱性・防犯性・防音性・デザイン性など、それぞれのメーカーが性能にこだわりを持っています。

それぞれの会社が独自に開発した建築資材や、独自技術を使っている場合も多いです。

ハウスメーカーの建築資材のほとんどは工場で準備されるため、現場の職人さんの腕の良し悪しが躯体に大きく影響することがありません。

そのため、どの場所に誰が建てても、当たり外れなく一定の品質が確保されます。

ハウスメーカーの建物は、入居者の立場から見ても安心感がありますし、快適性も追求されているので長く住んでもらいやすく、安定した賃貸経営が可能です。

② 管理までサポートしてもらえる

ハウスメーカーの多くは、施工するだけで終わりではなく、その後の管理までをサポートしてくれるので、はじめての賃貸住宅経営でも安心してスタートさせることができます

賃貸住宅を建てた後には、適切な家賃の決定、入居者の募集・契約業務、入金管理、退去時のリフォームの手配、必要に応じた維持修繕など、多岐にわたる管理業務が発生します。

管理状態が良好かどうかが、物件の収益性を左右するので、管理会社選びは非常に重要です。

管理業務のサポート形態はハウスメーカーによって違いがあり、建築した会社がそのまま管理も行う形態や、管理専門の子会社が管理を引き継ぐ形態などがあります。

施行から管理までスムーズに引き継ぐことで、別の会社に改めて依頼する手間がかからないのは魅力です。

また、ハウスメーカーによっては、次のような様々な管理サービスが用意されています。

  • 空室があっても家賃を保証してくれる「一括借り上げシステム」
  • 修繕費用を毎月定額にするサービス
  • オーナー専用サイト、コールセンター

管理サポートの内容はハウスメーカーによってそれぞれ内容が異なるので、よく比較しましょう。

③ ブランド力が高い

ハウスメーカーでは、賃貸住宅向けに外観デザインや性能にこだわった様々な商品が開発されているので、入居者を集客しやすいメリットがあります。

同じ品質の賃貸住宅が全国各地にあって、企業名やブランド名の知名度が高いと、入居者が住居を探す際にブランドで選んでもらえます。

企業によっては、ブランドに特化した入居者募集サイトもあり、快適でデザイン性の高い建物を希望する入居者から人気があります。

そのため、長期的に高い入居率が期待でき、安定した賃貸住宅経営が可能になります。

④ 施工期間が短い

伝統的な木造住宅の場合には現場で木材を加工しますが、ハウスメーカーでは、工場で資材を加工してから現場に運んで組み立てます

このような工場施工では、現場での作業が短縮されるので工期が短くなるのが一般的です。

賃貸住宅は一戸建てよりも建物の規模が大きくなるので、工場施工によるスピード短縮のメリットは無視できないものになります。

賃貸住宅の場合、施工期間が短いと、無駄のない建築計画を立てられるので有利です。

引っ越しのハイシーズンである4月や10月は入居率が高くなるため、その時期に合わせて完成するようにスケジュールを組めると効率的です。

ただし、解体工事や地盤改良が必要な場合は工期が伸びるので、無駄のないスケジュールのためには余裕をもって企業選びを開始してください。

⑤ 工場で資材を加工するので、現場施工より割安

ハウスメーカーでは、建築資材を自社工場で加工することによって効率化しているので、すべての工程を現場施工するよりもコストカットが実現でき、建築費が抑えられます。

また、資材の大量仕入れもコストカットに繋がっています。

一戸建ての場合では、ハウスメーカーよりも宣伝費用などをかけていない地元工務店の方が割安になることが多いようですが、規模が大きくなる賃貸住宅の場合はハウスメーカーの方が割安になるのが一般的です。

⑥ 同ブランドの完成物件を見学できる

ハウスメーカーそれぞれに賃貸住宅の商品ブランド(商品シリーズ)があり、ホームページなどを見ても概要を調べることが可能です。

また、建築地を案内してもらって、同じブランドの完成物件を見学することもできるためイメージが沸きやすいでしょう。

建築中の物件を見学する「現場見学会」などのイベントでは、入居前の部屋の内覧などが可能です。

物件の高級感やデザイン性を見て、入居者がしっかり集まりそうなのか、建築前に自分の目で確かめられる安心感は大きなメリットです。

⑦ 保証期間やアフターサービスが充実

住宅の品質確保の促進等に関する法律(いわゆる品確法)」では、主要な構造部分について、10年間の瑕疵担保責任が義務付けられています。

ハウスメーカーによっては、品確法の規定を超えて、20年後まで保証のサービスが受けられる企業もあります。

あるいは、有料で定期的な点検・メンテナンスを受ければ、保証期間を延長できるサービスもあります。

大手企業であれば、担当者が変わったとしても、既定どおりに長期に渡ってサポートを受け続けられるという安心感があります。

それぞれのハウスメーカーが他社との差別化のために保証やアフターサービスを充実させていることが多いので、保証期間についても十分に比較検討しましょう。

1-2. デメリットは1つ

設計の自由度が低い場合がある

ハウスメーカーでは、建物の規格がある程度決まっていることが多いので、自由度が低い場合があります。

「世界に1つしかないような個性的な外観の賃貸住宅が建てたい!」というような希望がある場合には、ハウスメーカーでは建築できない可能性があります。

また、耐震性や強度を重視するハウスメーカーが多く、しっかりとしたつくりにするために間取りにおいても自由度に欠ける場合があります。

ハウスメーカーから提案される商品は、研究が重ねられた構造や外観で、入居者からもニーズの高い設計になっているというのが大前提です。

ハウスメーカーの設計の自由度が限られる大きな理由は、一定の品質を保ち、ブランド力を押し出すためといえます。

ただし自由度が限られるといっても、ハウスメーカーのほとんどは、いくつかの選択肢の中から外観デザインが選べます

物件タイプについても、ペット飼育可能、子育て世代向け、戸建賃貸など、様々なバリエーションが用意されている企業もあります。

また、ハウスメーカーでも規格商品がなく、自由にこだわった賃貸住宅が建てられる企業もあります。

オーナーの強い要望がある場合には、取り入れられるハウスメーカーかどうかよく検討してみてください。

2. ハウスメーカーと建築会社・設計会社・工務店の違いと特徴

賃貸住宅を建てるには、ハウスメーカー以外にもいくつか選択肢があります。

ハウスメーカーとそれ以外の特徴を一覧表にしました。

ハウスメーカー・建築会社・設計会社・工務店の比較表

  ハウスメーカー 建築会社 設計会社 工務店
企業規模
建築費
管理サポート × ×
施工の質 ○~×
(バラツキあり)
○~×
(バラツキあり)
設計の自由度

それぞれ解説していきます。

2-1. ハウスメーカー

戸建て・賃貸住宅を請け負っているハウスメーカーは、全国で事業展開している企業がほとんどです。

賃貸住宅についても独自の研究や開発によりブランド化されていて、商品ラインアップが豊富です。

ハウスメーカーを選んだ場合、建築するだけではなく、その後の管理までトータルでサポートを受けることができ、保証も充実しています。

設計の自由度が欠ける場合がありますが、工場で資材加工するので効率的にコストダウンでき、施工期間も短くなります。

2-2. 建築会社

建築会社には、大規模な建築物を多数手掛けるゼネコンのほか、賃貸住宅に特化している企業もあります。

ゼネコンの場合、マンション・ビル・公共施設といった大規模の建築が多く、小規模な賃貸住宅は取り扱わない場合があります。

賃貸住宅に特化している企業では、一般的な知名度は低い場合もありますが、賃貸住宅の施工実績・管理戸数が多いため様々なノウハウを持っています

2-3. 設計会社

建築主の思い描くものや、オリジナリティを追求しやすいのが設計会社です。

資材の調達が効率的でなかったり、設計料が発生するため、費用は高めになる傾向があります。

なお、ハウスメーカーの場合には設計段階は無料なのが普通ですが、設計会社は正式に設計を依頼した時点で設計費用が発生することだけご注意ください。

設計会社はあくまでも設計を請け負うだけで、施工は別会社になるため、施工の質が良いかどうかは別問題です。

また、建築中の対応がどうなのか、施工後の保証体制はどうなのかなど事前に把握しておく必要があります。

建物完成後は、入居者の募集やメンテナンスなどを依頼する管理会社を改めて探す必要があります。

設計から賃貸管理まで、一つ一つオーナーが熟慮して決断していく必要があります。

2-4. 工務店

地元の工務店に建築を依頼した場合、設計の自由度は比較的高めです。

ただし、建物の性能、デザイン性などの設計力、施工の質については、当たりはずれがあると言わざるを得ません。

中小規模の企業が多く、優れた賃貸住宅を建てている企業もありますが、優良企業かどうか見極めるのはなかなか難しいです。

工務店を選ぶ場合には、実際にその工務店で建築した物件を確認し、口コミなどの徹底的な情報収集が必要です。

工務店では、資材の加工を1から現場で行うため、ハウスメーカーよりも工期が長期になり、その分建築費が割高になる傾向があります。

施工後については、アフターサービスが口約束にならないよう、しっかりと確認してください。

また、管理までは請け負っていないため、新たに管理会社を見つける必要があります。

3. 収益性の高い賃貸住宅を建てる方法

収益性の高い賃貸住宅を建てるためには、どのようにしてハウスメーカーや建築会社を選べばよいのか解説します。

3-1. アパートを建てると決めたなら、まずはハウスメーカーに相談!

ハウスメーカーの賃貸住宅は品質が一定であること、施工期間が短くコストダウンが図れること、建築から管理まで全てを相談できるという点や、ブランド力など、他にはないメリットが非常に多いです。

そのため、絶対に失敗したくないという慎重派なら、ハウスメーカーか賃貸住宅に特化している建築会社を選ぶことをおすすめします。

まずはハウスメーカー・建築会社で相談し、オーナーのこだわりポイントが実現できなければ、設計会社・工務店へ相談するとよいでしょう。

3-2. ベストなハウスメーカーの選び方

賃貸住宅に力を入れているハウスメーカーや、アパートに特化している建築会社は数多く、それぞれに特色があります。

また、一言で賃貸住宅と言っても、アパート、マンション、賃貸併用住宅、戸建賃貸など様々なバリエーションがある上に、会社によって得意な工法などがあります。

自分にとってベストな企業を選ぶために、ぜひやっていただきたいのが、複数の企業の建築プランを比較することです。

比較する項目は、建築コスト、建物性能、デザイン性、修繕コスト、管理システム、入居率の実績、アフターサービスなどです。

複数の企業の提案内容を比較してみると、自分にとって最適な企業を見極めやすくなります。

建築プランを比較するときには、「HOME4U(ホームフォーユー)土地活用」を利用することをオススメします。建設予定地を入力すると、エリアに応じて複数の大手ハウスメーカーなどから建築プランを複数取り寄せることができます。

HOME4U土地活用

HOME4Uには、大手ハウスメーカーから賃貸住宅に特化した建築会社まで、賃貸住宅に強い企業が豊富にそろっています。

アパート経営・建築に強い提携企業の一覧は以下のページをご覧ください。

https://land.home4u.jp/company/apartment

建設予定地によって最適なプランは異なるので、複数の会社の意見を聞いてみることが大切です。

木造を得意とする企業、鉄骨を得意とする企業、戸建賃貸やメゾネット賃貸を得意とする企業など、各社の提案を見比べて、あなたの理想の賃貸住宅を実現してください。

3-3. 担当者の見極め方

ある程度、依頼したい会社が絞れたら、信頼のおける担当者かどうかもしっかり判断しましょう。

  • 担当者の知識や経験は十分か?
  • 商談中にしっかりと要望を聞いてくれているか?
  • こちらからの質問を曖昧に回答せずに誠実に答えてくれるか?

といった点をしっかりと見ておきましょう。

こちらの予算や要望を取り入れてもらえないとか、どんどんプランを押し付けられているように感じたり、信頼できない担当者だと感じた場合には、担当者を変えることも可能です。

賃貸住宅は建物が完成したら終わりというわけではなく、長期に渡るサポートが必要です。

複数の企業をしっかりと比較して、長くおつきあいできる、頼れる相棒を見つけてください。

まとめ

それではおさらいです。

ハウスメーカーで賃貸住宅を建てるメリットは次の7つでした。

  • 品質が高く一定水準
  • 管理までサポートしてもらえる
  • ブランド力が高い
  • 施工期間が短い
  • 工場で資材を加工するので、現場施工より割安
  • 同ブランドの完成物件を見学できる
  • 保証期間やアフターサービスが充実

ハウスメーカーの賃貸住宅は、工務店や設計事務所に比べると設計の自由度が低い場合があるのが唯一の欠点です。

ただし、自由度の制限は、品質と商品のブランド力を保つためというメリットの裏返しです。

賃貸住宅を設計会社や工務店に依頼した場合、設計の自由度が高いというメリットはありますが、建築費が割高になり、施工後の管理サポートが受けられなかったり、施工の質にバラツキがあるといったデメリットがあります。

絶対に失敗したくない!と思う慎重派なら、まずはハウスメーカーか賃貸住宅に特化している建築会社に相談してみることをおすすめします。

自分にあったハウスメーカーを見つけるためには、複数の企業から建築プランの提案を受け、建築コスト、建物性能、デザイン性、修繕コスト、管理システム、入居率の実績、アフターサービスなどを比較してみてください。

さっそく、「HOME4U 土地活用」を利用して、一流企業の提案をまとめて取り寄せし、ベストな賃貸住宅プランを見つけてくださいね。

本記事の掲載内容は、最終更新日時点での情報です。
制度や法律については、改正等で内容に変更がある場合もございます。

土地活用の相談先を探すなら
複数の大手企業へ一括プラン請求

土地活用の相談先は「建築会社」「ハウスメーカー」「専門会社」など色々あって、どこに相談したら良いか、迷うものです。
それに、あなたの土地にはどんな活用法が向いているのかも、自分ではなかなかわからないですよね。
わからないからといって、もしも一社にしか相談しなかったら…

  • 他社ではもっと高収益なプランがあるかもしれないのに、見落としてしまうかもしれません
  • その土地に適していないプランで活用を始めてしまうリスクがあり、後になって失敗してしまう可能性があります。

 

つまり失敗しないためには、できるだけ多くの相談先を見つけ、たくさんのプランを比較してから決めることがとても重要です!

「HOME4U土地活用」なら、土地活用したいエリアなど簡単な項目を入力するだけで、複数の大手企業へまとめてプラン請求ができるので、各社の提案を比べながら、収益を最大化するためのプランを見つけることができます。

しかも「HOME4U土地活用」は

  • 信頼できる業界大手企業が勢ぞろい!この顔ぶれはHOME4Uならではのラインアップ!
  • NTTデータグループが運営。18年の実績があるので、安心してご利用いただけます

 

ぜひ大手企業に一括相談して、成功への足掛かりをつかんでください!


無料で土地活用の相談をしてみる

SNSでもご購読できます

土地活用をお考えですか?
あなたの土地の収益最大化プランを大手企業最大7社がご提案!

無料で一括プラン請求